沿革・開催国

2008年
(平成20年)
J-cert 日本語検定事業の組織を設立。
2009年
(平成21年)
日本国内で検定実施。
2010年
(平成22年)
日本・中国・ミャンマー・ベトナムで検定実施。
中華人民共和国教育部外郭団体「中国教育発展戦略学会 教育仲介工作委員会」と提携調印し、GNK日本語検定の中国統括事務局が発足。
2011年
(平成23年)
国内外で5月・11月と検定実施。
7月には、中国北京にてGNK日本語検定の中国WEB開通式挙行。
在中国日本大使館も出席。
日本国入国管理局がGNK検定を承認。
8月、スマートフォン用無料練習問題アプリ世界共通アップ。
2012年
(平成24年)
J-cert検定内容を充実。
日本・中国・ミャンマー・ベトナム・台湾で検定実施。
インドネシア統括事務局が発足。検定実施準備。
2013年
(平成25年)
カンボジア・タイ統括事務局が発足。検定実施準備。
2014年
(平成26年)
日本・中国・ミャンマー・ベトナム・台湾・カンボジアで検定実施。
フィリピン統括事務局が発足。検定実施準備。
2017年
(平成29年)
インド統括事務局が発足。検定実施準備。
ネパール統括事務局が発足。検定実施。

開催国

日本

中国

ベトナム

ミャンマー

台湾

カンボジア

フィリピン

ネパール


開催準備中

インドネシア

タイ

インド

ガーナ

ナイジェリア

南アフリカ

ケニア

タンザニア